仮想通貨ニュース

ビットコイン分裂問題!8月1日にビットコインキャッシュ?7月23日にも分岐?初心者が取るべき対応まとめ

仮想通貨の基軸通貨といえばビットコインですよね。
初心者はもちろん中級者・上級者でも量の大小はあれ保有しているはず!

そんなビットコインが分裂する!?

なんていう話があります。
このビットコイン分裂騒動は問題が多岐に渡っていますし、未来へのシナリオも多数の可能性があります。

とりあえず、初心者はどうしたらいいの!?

そう思いますよね。

2ee9ca9de278438bf8ac4c36cee9710a_s

基軸通貨が分裂する、そんな大問題にどう対処すべきか?
初心者の私が混乱しつつも今回は以下のようにまとめてみました!

  • ビットコイン分裂問題ってなんなの?
  • ビットコインキャッシュに分裂?
  • 直近(7月21日時点)の状況は?
  • 初心者ホルダーはどう対応すればいいの?

というところをご紹介します!

参考になるかはわかりませんが、御覧ください。

スポンサーリンク

そもそもビットコインの分裂問題ってなに?

ビットコインの分裂問題と言われても、私を含めた初心者たちは

へ?なにそれ?
調べてみたけどよくわからない!

という感じなのではないでしょうか。

とはいえ、7月に入って大きく取り上げられているこの問題。
全てのビットコインユーザーにとって無関係でいられる話ではないですよね。

ということで、自分なりに簡単かつすごく乱暴にビットコイン分裂問題のポイントをまとめてみました。

ビットコインが抱える処理能力の問題を解決したい

ビットコインは誕生した2009年以来、右肩上がりに流通していっています。
そのため現在では台帳のサイズが想像以上に大きくなりすぎてしまっていました。
結果としてみなさんも経験済みかもしれませんが、送金遅延など取引に大きな影響が出てきているのです。

そうした問題を解決するためにSegwit(セグウィット)というものが提案されました。
簡単に言うと取引データにある「署名」を別の領域にて置いておくというものです。(たぶん)

これがうまくいくとブロックサイズを自体は変わらずに処理することが減ります。
これを手書きの取引台帳で例えると

取引台帳に記載するべきものを減らした。
そのおかげで作業が楽になって腱鞘炎にならなくなった。

という感じですかねぇ。
つまり、ビットコインの問題だった処理能力がSegwitによって解決するかもしれないということです。

ビットコインが分裂するってどういうこと?いつ?

Segwitはビットコインの問題を解決する良案の一つでした。
ただ、ビットコインは非中央集権の通貨であり、一部の人の考えだけでは方向性は決定しません。
当然、Segwitに反対する人たちもいるわけですね。

そうした色々な考え方を持つ人の間で長い間議論が重ねられてきました。
そして8月1日を目処に「どぎゃんかせんといかん」ということで分裂するとかしないとかという話になっているようです。

初心者の私が流れを全部書くと頭が混乱しそうなので、以下の記事をぜひ参照してみてください。

【いらすとやでわかる】8月1日ビットコインが分裂したりしなかったりするシナリオ

また7月21日現在では、

7月23日にソフトフォークする可能性

が出てきたようです。
これはBIP91がロックインされたことが関係しているようです。

後述しますが、国内の取引所では

ビットコインの入出金停止を8月1日から
現段階では7月23日からに繰り上げる方針を発表しています。

必ずご自分の利用している取引所の状況を確認しておきましょう。

分裂騒動前後に送受金の処理がおかしくなるかも?

実際に分裂するという話になった場合、色々と問題が起こり得ます。
ビットバンクさんのFAQによれば

分岐が発生した場合には、大きく分けて3つの問題が起こる可能性があります。

(1)ビットコインを受け取ったのに、消えていた
(2)ビットコインを送ったのに、受け取ってないと言われた
(3)ビットコインを送ったら、分岐したビットコインも送ってしまった
ビットコイン分岐に関するFAQ

という問題が起こるかもしれないとのことです。
もちろん可能性ですから起こらないかもしれません。
でも、どうなるかわからない状況で大切な資産を動かすのは危険ですよね。

相場にも大きく影響しています

この分裂騒動はビットコインはもちろん、他のアルトコインの相場に大きく影響しました。
7月16日にはビットコイン相場が21万円台にまで落ち込むなど、そらまぁ恐ろしい状態でした。。。

現在のところは後述するBIP91にロックインされた関係で逆に高騰しています。
20日の夜から急激に上昇し、21日の朝には31万円台後半まで高騰しました。
21日の夕方からは逆に下降気味となっていて29万円前半くらいまで落ち込んでいます。

まだまだしっかりと動きが確定するまでは激しく乱高下しそうな予感ですね。

スポンサーリンク

7月21日にBIP91ロックインでビットコイン分裂はなくなった?

記事執筆時点でBIP91がロックインされました。
BIP91とは初心者の私的解釈では、

8月中にSegwit導入しますよー。
11月くらいにフォークするかもー。

という感じなのかなぁと。
言わば先延ばし案みたいな感じですかねぇ(たぶん)

まぁいずれにしても、8月1日に大混乱する可能性はだいぶ低くなったとみて良さそうです。
(まだわかりませんけど)

直近の危険なフォークは回避された

BIP91がロックインされてアクティベートされれば、直近の危険視されていた分裂は回避されるようです。
また、道筋がそれなりに見えたことからかビットコインの相場も上げてきているようです。

11月中頃にフォークするかも?

ただ、結局のところ予定では11月の中頃にフォークするかもしないかも?というところのようです。
BIP91はブロックサイズ引き上げ(台帳を大きくする)を前提としたものだと言われています。
当然これにも賛成派と反対派がいて、このままいくと分裂する可能性もあるということです。

詳しくは以下の記事をどうぞ。
もうこういう話は素人の語れるレベルではありません(汗)

ビットコイン最新の見通し(7.19)

スポンサーリンク

8月1日にビットコインとビットコインキャッシュに分裂する!?

さて、大混乱するような分裂の可能性はほぼなくなりました。
でもですよ、結局のところ

ビットコインとビットコインキャッシュの2つに分裂する

ことはもう濃厚のようなのです。

分裂はほぼ確定か?

ビットコインキャッシュはすでにHPを持っていて、ハードフォークすることを宣言しています。
日時も記載されていて

1707210101
Fork Date: 2017-08-01 12:20 p.m. UTC

ということで日本時間の8月1日21時20分にフォークつもりのようです。
直前で撤回するのかしないのかわかりませんが、このままいくと

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCC)の2つが存在する

という状況になりそうですよね。

対応さえしておけばさほど気にしなくてもよさそう

ただ、この分裂はそれほど大きな問題にならないのではないかと言われています。

以下、引用

ただし、この分岐は特に危険なところはない。双方のチェーンは二度と交わることなく完全に別れることができるような策(リプレイプロテクション)が施されており、コインや取引が消えたりするようなことは想定されない。またブランド名もビットコイン・キャッシュという別の名前が付き(BCC)、消費者にも区別がつくだろう。
ビットコイン最新の見通し(7.19)

ということで、仮に分裂してしまったとしても混乱は起きないだろうとういことですね。

初心者でもそれなりの対応をしておけば大丈夫そうです。
ひとまず、できそうな対応を後述しましたのでそちらも参考にしてみてください。

イーサリアムも2つありますよね

ちなみにこれって感覚的には

イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)

の関係と似ていますよね。
そう考えると両者とも普通に存在していますし、それぞれ価値がついています。
巻き戻しとか通貨が消滅するとかがないならば特に問題はなさそうです。

でも、ビットコインキャッシュってビットキャッシュと間違っちゃいそうですよね(初心者)

スポンサーリンク

分裂騒動中に不用意にやるべきではないこととは?

さて色々と分裂騒動について書いてきましたが…

正直なところ私はそこまで深く理解できていません(汗)

大枠くらいはわかってきましたが、この記事に書いてある以上のことはもう頭がショートしそうな状態です。
そんなわけで、難しい話は詳しい人におまかせして、

初心者にできること、やるべきことを考えていきましょう!

不用意にやってはいけないこと

まずはあまりやるべきではないことからまとめます。

  • 狼狽して売りにだしちゃう
  • 急に高騰したからって全力投資しちゃう
  • 騒動の最中に送受金しちゃう

ん~やってしまいそうw

下手に売ると損をするかも

狼狽売りに関しては、16日前後の相場下落時にやってしまった方も多いかもしれません…。
私も危うく売りかけましたが、どうせ大した量を持っていなかったので静観していました。
おかげで今のところは持ち直してきているので、下手な狼狽売りは危険だなぁと実感しております。

全力投資で全力大損もありえる?

逆に高騰した今になって全力投資するのも危険です。
まだまだ分裂問題の影響によって相場はとても不安定です。
急に下落することもあり、大きな含み損をしてしまうこともあるでしょう。
購入するならばじっくり考えてから行ったほうが良さそうです。

とりあえず送受金は控えておく

国内の取引所では早い段階でビットコインの送受金をできなくするようです。
やろうとしてもできないわけですから、とりあえずは安心ですね。

危険なのはウォレットからどこかに送る場合ですかね。
その場合、下手をすると通貨が消えてしまうこともありえます。
とりあえず騒動が落ち着くまではじっとしておいたほうが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

初心者が分裂問題に向けてやるべきことは?

では、私を含めた初心者がやるべきこと、やった方が良さそうなことってなんでしょうか?
私なりにまとめましたので参考にしてみてください。

じっくりと情報を集めて精査する

まずはじっくりと情報を集めましょう。

  • 取引所のブログやお知らせ
  • 有識者のtwitterやブログ
  • 仮想通貨関連の報道・ニュース

これらをチェックしておく癖をつけておくと良いでしょう。
ビットコインに何が起きているのか、分裂はどうなったのか、騒動は落ち着いたのか…。
これらの情報を常に入れておけば、今回の騒動で痛手を負うリスクは減らせそうです。

大量のBTCはウォレットに移しておく

とりあえず大量のBTCはウォレットに移しておきましょう。

手元に置いておいた方が安全という考え方ですね。
予期しない事態や分裂が起きた時も、ウォレットに入れておけば一応安全です。

また、秘密鍵を自分で管理するウォレットはBTC枚数に応じたBCCを受け取れるようです。

参考にこちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい
Electrumの使い方と日本語化の設定方法!質の高いウォレットで資産を分散管理しよう!ビットコインは大切な資産ですから、分散管理でリスクを最小限に抑えるべきです。 それに、8月1日問題のような騒動時には安全な場所に保管し...

対応を表明した取引所に置いておく

国内の取引所の多くは、今回の分裂騒動に関して表明を出しています。
その中で確認しておきたいポイントとしては以下です。

  • 入出金停止期間
  • 資産の保全・管理についての記述
  • BCCなどビットコインが2つ以上に分裂した時の対応

特に最後の点はしっかりと見ておきましょう。
自身が保有するBTCの枚数分だけフォークした通貨を支給してくれるところであれば安心です。

分裂云々は初心者には怖い話ではあります。
でも、せっかくならフォークした方も貰っておきたいですよね。

なので、分裂した時の取引所の対応というのは重要です。
もしフォークした分も付与してくれるならばその取引所に預けておいても良いでしょう。

一部、対応表明している取引所を一部ご紹介しておきます。

他にもご自分が利用している取引所の状況をぜひご確認くださいね。

Fiatに一時的に逃げる

BIP91がロックインされて一つの決着を見せそうな状況ではあります。
しかしまだ見せそうなだけであって決着したわけではありません。
そうした中、不安要素のあるビットコインを一時的に逃がすという考え方もあります。
相場が乱高下する中で大損をする可能性だってありますからね…。

Fiatとは円とかドルなどの法定通貨です。
基本的に価値はある程度一定ですから、大損するような事態を避けられます。

今回の騒動が落ち着いたら、改めてビットコインなりアルトコインを買えばいい。
そういう考え方もあるということですね~。

ちなみにアルトコインに逃げてもいいですが、ビットコインの乱高下に大きく相場が大きく影響されます。
よほど自分的に信念でもない限りはやめといたほうがいいかもしれないような、そうでもないような。

気絶する

完全に気絶して、騒動から目を背ける…。
解決法というかなんというか、文字通り気絶状態です。

これは決して良い方法ではありません。
だって、下手な取引所に置いておいたら消える可能性だってありますからね…。

まぁあまりおすすめしません。
よほどのことが無い限りは何らかの行動をとってみましょう。

記事執筆中に「7月23日」にBTC入出金停止に繰り上がったみたいです

記事執筆中は「ビットコイン8月1日分裂」について書いていました。
でもなんだか7月23日にソフトフォークするという話が日本仮想通貨事業者協会から出てきました。

先に「8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について」において、お知らせいたしました、ビットコイン・プロトコルの分岐に関し、その一部が、当初予想されていた8月1日から繰り上がり、7月23日に発生することとなりました。 これに伴い、一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(JCBA)に加盟する下記の仮想通貨交換業者13社における当該分岐への対応についても、以下の通り変更いたしますことをお知らせいたします。

ということで、7月23日から国内13の取引所はビットコインの入出金の停止を繰り上げるみたいです。

さらに8月1日のビットコインキャッシュによる分裂に関しても記述があります。
8月1日と7月23日はそれぞれ違う分岐なので、それぞれ目を通しておきましょう。

ぜひ一度ご覧になって、今後の対応について検討してみてください。

日本仮想通貨事業者協会

仮想通貨ベイビー的まとめ

今回はビットコインの分裂騒動と初心者に出来る対応・行動をご紹介しました。

正直言って、今回のことは私にとって難しくてまとめるのが大変でした…。
たぶんですが、間違っているようなところもたくさんあると思います。
それでもかなり勉強をさせてもらったのでありがたいと感じる面もあります。

間違いも多々あるかもしれませんので、お気づきのことあればご連絡いただけるとありがたいです(汗)

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
仮想通貨ベイビー
仮想通貨ベイビー
2017年5月から仮想通貨の世界に潜り込みました。リップルとネムの高値掴みに始まり、現在はピンクコイナーとして普及活動してます。あとPoS通貨にハマり中です!ハッシュフレアでクラウドマイニングもしてます~。みなさんぜひ情報交換しましょ~!ばぶー。
ベイビーおすすめの取引所

高騰必至のアルトコイン購入ならこちらの海外取引所がオススメ!

世界NO1の実績を持つバイナンス

バイナンスは世界で最も注目される取引所!
世界最大手のアルトコイン取引所バイナンス

  • 手数料が世界最安クラス!
  • 高騰アルトのトレンドはここから生まれる!
  • 新規上場銘柄が高騰しやすい!
  • ベイビーも10倍銘柄いくつも拾えてますw

これから高騰するかもしれない銘柄を抑えとくならバイナンスご登録をオススメします♪


RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です